英語が聞き取れない人の原因と英語学習の改善方法

英語 聞き取れない

 

英語 聞き取れない

英語を勉強しているけど全く聞き取れるようにならない。
効果的な学習方法がわからず、独自のやり方で学習している。
TOEICのリスニングセクションがとにかく苦手。

リスニングって難しいですよね。私も英語のドラマを見たり、ラジオを聞き流したりしても、なかなか英語が聞き取れないし、ぜんぜん上達している実感がありませんでした。

それは何が原因か?自分のリスニングレベルに合った勉強方法を選べていないからです。リスニングにもレベルがあるので、じぶんにあった学習法をしないとレベルは一向に上がってきません。

この記事では私が実際にリスニングの勉強でつまづいたときにやって、効果が実感できたレッスンの方法をご紹介します。

リスング力を上げたい人は、ぜひ記事に書いていること実践してレベルを上げてください。

目次

英語が聞き取れない人の改善ポイント

英語が聞き取れない

英語を聞き取れない理由

そもそも、なぜ「英語が聞き取れない」ということが起きるのでしょうか。まず、単語力がないと、英語は聞き取れません。知らない単語は、100回聞いてもわかりません。

次に、英語独特の音に対する知識がなく、音に不慣れだったりすると、聞き取れません。知っている単語のはずなのに、その単語に聞こえないのです。

また、英語のスピードについていけない、という理由もあります。

聞き取れないそれぞれの理由に合わせた対処方法があるので、まずはレベルチェックをして、自分が英語を聞き取れない主な理由をさぐってみましょう。

リスニングレベルチェック

まず勉強を始める前に自分のリスニングレベルを知ることから始めてください。チェック方法はカンタンで、英文の音声を流して聞き取りをしてください。どこまで聞き取れたかによって自分のレベルがわかります。

チェック教材のおすすめはTOEICのPart2。比較的かんたんな、短い会話の問題です。CDを用意して、まずは何も見ずに聞いてみてください。
(CDがない方は下のテキストがオススメ。なければYoutubeでもOK)

いかがでしょうか。どのくらい理解できましたか?聞こえた文章を100%理解するのは、なかなか難しいですね。

聞き取れなかった人はスピードを落として聞いてみる。

聞き取れない人のたくさんいると思います。少しスピードを落としてスロー再生で聞いてみましょう。
いかがですか?先ほどよりも理解できましたか?

次は英文を読んでみる

英文のスクリプトを読んでみてください。
読めば意味がわかりますか。それとも、知らない単語が多いですか?

 

知らない単語が多いなという人はリスニング学習【初級】から始めてください。
単語や文法をしっかり固めると、リスニング力がUPします。

 

文章を読めば分かるがスロー再生でも聞き取れない人はリスニング学習【中級】に進んでください。
英語の会話特有の音声変化(例:get you→ゲチュー)に慣れてないと思われます。

 

ゆっくりなら英語が聞き取れるひとはリスニング学習【上級】をやってみましょう。

たくさん英語を聞いてスピードに慣れると圧倒的にリスニング能力が向上します。

また、リスニングにはコツがあります。これを知らないとなかなか上達しません。コツの詳細は別記事にしてますので、合わせて読んでください。

>>リスニング力を効果的に上げる勉強のコツを完全解説!!

【初級】文章を読んでも英語が聞き取れない!

英語 聞き取れない

  

文章を読んでも聞き取れない人の対策

文章を読んでも聞き取れない方は語彙力が不足してます。語彙を増やして文法を固めましょう。日常会話に必要な単語数は約1200語と言われてこれは中学校で習う英単語の数と同じくらい。

また、英語の文章の形の「文型」を覚えましょう。「文型」は4つだけです。

この4つをしっかり頭にしみこませるだけで、耳から入ってくる文章が大分わかりやすくなります。

1・【他動型】 主語+動詞+目的語
例:I like baseball.(私は野球が好きです。)

2・【自動型】 主語+動詞
例:I can swim really fast.(私は泳げます/本当に早く)

3・【説明型】 主語+動詞+説明語句
例:My sister is moody.(私の妹は気分屋です。)

4・【授与型】 主語+動詞+目的語+目的語
例:I’ll give you a present for Christmas.(私はきっとあなたにプレゼントをあげます/クリスマスに)

たったこの4つの文型を覚えるだけ。自分のものにできれば、飛躍的にリスニング能力が高まります。

短い文章がたくさん載っているような教材を選んで単語を覚えながら文型を身につけてもいいです。

単語をたくさん覚えて対策しよう!

単語力がつけば、聞き取れる英語も増えます。そして、単語力は、短期集中型で鍛えることができます。

「中学校3年間の英単語が1ヵ月で1000語覚えられる本」では、音声教材も用意されているので、正確な発音を身につけながら単語力のトレーニングが可能です。

熟語を覚えたい!という方には同じシリーズで「中学校3年間の英語表現500が1カ月で覚えられる本」もありますので、チェックしてみてください。

【中級】スピードを落としても英語が聞き取れない!

英語は日本語よりも発音の種類が多く日本人には聞き分けがとても難しいです。
「sea」も「she」も「see」も、カタカナでは3つも「シー」ですが、発音が異なります。

そしてやっかいなことに、英語の話し言葉では単語が繋がったり、違う音になったりします。
〈繋がる〉Good afternoon! 〇グッダフタヌーン! ×グッド アフタヌーン!
〈違う音〉I‘m going to 〇アイ ガナ × アイム ゴーイング トゥ

一つ一つ覚えるのは難しいですが文章を正確に聞き取る訓練をすることで慣れることができます。

お勧めの勉強方法は、ディクテーションです。

TOEIC Part2のような短い文章の音声教材を聞いて聞こえた文章を書き起こしましょう。

それをスクリプトと比べると、自分がどの部分を聞き取れないかがわかります。音声変化が起きている場所が多いのではないでしょうか。

この方法を繰り返すと、英語独特の音声変化に大分慣れることができるのでやってみてください。

耳と脳を鍛えよう

英語の音に慣れるトレーニングには、ディクテーションの他に音読があります。

英語を身体で覚える、という表現がありますが、まさに耳や脳を鍛えて英語の音に慣れることが、リスニング力UPへつながるのです。

『英会話・ぜったい・音読』シリーズは、そうしたトレーニングを効率よく行って「頭の中に英語回路を作る」本です。

TOEICのスコアを目安に「入門」「標準」「挑戦」と3冊用意されているので、自分に合ったレベルのものを選びやすくなっています。

 

【上級】ゆっくりであれば英会話が聞き取れる!

英語 聞き取れない

そのままゆっくりの文章を聞いていても早いスピードになれることはできません。ネイティブからすると、TOEICのリスニングはとてもゆっくりだと感じるそうです。
(TOEIC 1500 wpm(1分あたりの単語数)、ネイティブの会話1800~2000wpm)
となると、TOEICレベルのスピードをずっと聞き続けていてもネイティブの会話を聞き取れるようになるのは難しいということです。

そこで、お勧めの勉強方法は、英語のドラマや映画を観ることです。ただし、普通に字幕なしで観ても状況は変わりません。動画を見る順番を工夫すると、飛躍的にリスニング力が伸びる勉強方法になります。

1.字幕ありで観ます。内容を頭に入れましょう。
2.次に字幕なしで観ます。内容があらかじめ分かってると文章も入りやすくなります。
3.そして字幕ありでもう一度みます。

聞き取った内容はあっていましたか?

「1」の字幕は日本語でもかまいませんが「3」で確認する字幕は英語が良いと思います。
この練習方法のコツはシーンを区切って1,2,3の間を短くすることです。
内容を理解した直後に英語を聞いてすぐに理解できたか確認してください。
効果がより上がりますよ

スピード感を身につけよう

「シャドーイング(Shadowing)」はシャドウィングともいいます。

英語の音声を聞きながら、聞いたものを真似て自分でも発音する、という英語のトレーニング方法です。

本来、シャドーイングは同時通訳をされる方々の訓練方法なので、最終的な目標としてはリスニングをしながら発音をし、そして同時に意味を理解する、ということにあります。

けれども、そこまでいかなくても、英語のドラマを見ているときに字幕を表示し、音声を聞きながらその音声を真似て字幕を読むだけでも、効果があります。

耳と、口と、脳が、英語のリズムやスピードに慣れるので、リスニング力UPにつながるのです。

まとめ

リスニングは闇雲に勉強しても上達しません。自分のレベルに合わせた練習法をしないと効果的にリスニング力はアップしません。

リスニングは意外と自分のレベルチェックが必要ですが、あまりする人はいません。自分のレベルを知って適切な勉強法をすればかんたんにレベルはUPすることができます。

すぐリスニング力をあげることはできません。コツコツやって慣れていくのが近道です。地味に学習を続けるのはモチベーション維持が難しいので、今日紹介した学習法のほかにもYou Tubeをつかったリスニング練習法もあります。動画を見ながらであれば音声だけではないので楽しみながら勉強することができます。

また、洋楽を聞く方であれば洋楽を聞いてリスニングをUPさせる方法もありますので、ぜひ楽しみながらリスニングの勉強をすることをオススメします。

毎日少しづつで良いので学習を続けていってください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

 
 
  どうもデースケです。

  40代サラリーマンです。
  
  海外移住+配当生活を
  目指して
  貯めた1000万円を
  資産運用中
  
  それだけじゃ生活費
  たらないかもなんで
  動画編集・プログラミング
  ブログをしています。

コメント

コメントする

目次
閉じる