親の年収は子供の学力に関係するのか?

親の年収 子供の学力
目次

親の年収が低いと子供の成績は悪い!?

子供には収入の安定した企業に入るため、勉強を頑張って有名な大学に入って欲しいですよね?でも、残念ながら文科省の調査で親の年収が子供の学力に影響してるという結果が出ました。


年収って急に上げれるものでないし、もう子供は小学生だしどうしようもない?
いや、調査結果はそうなりましたが、全てその通りになるわけではありません。

お金を掛けずとも子供の学力を上げる方法はあります。その方法を解説します。

親御さんも一緒になって子供と頑張ってください。

親の年収は子供の学力に影響ある?

文部科学省の調査結果により、親の年収が高いほど子供の成績が良いという結果が出てました。

これは2014年に調査した結果ですが、その前にも同様の調査があり同じ結果となっています。

では、経済的な余裕が子供の学力に影響しているのか?学習費を掛けることで子供の学力は上がるの?そのあたりを調べてみたと思います。

そもそも学費って、なにが掛かってる?

子供の学費と言えば、授業料や塾の学費と思いがちですが、それだけではありません。授業料、入学費用、制服やテキスト費用、給食費、PTA会費、学習塾、その他習い事の費用が入ります。

そして、塾や家庭教師に支払う学費を「補助学費」と言います。

これだけのお金が学費として掛かっているのです。

調査では年収によって子供に掛かる学費に差が出ている

文科省の調査結果です。幼稚園から高校までの世帯年収ごとの学習費を表にまとめたものです。

一番左の「区分」が年収の区分になっています。下に行くほど年収が高くなるのですが,こどもに掛けている学習費も高くなって来ています。

次に実際の年収別の子供の国語と算数の成績です。

1本目の赤線「年収が300〜400万円」と2本目の赤線「年収が800〜900万円」」の国語と算数の点数を比較を見てみましょう。

国語Aに関しては「62.8点」と「73.4点」と11点も差が付いています。
算数Bに関しては「47.6点」と「60.5点」と13点も差が付いています。

単純に考えれば子供に塾や家庭教師をつければ、ある程度は勉強を頑張ると思いますが、果たしてそれが要因となってるのでしょうか?

この調査結果を見る限り断定はできないと考えています。

なぜなら、塾に通っていても点数の悪い子っていてませんでした?
塾に通うとみんな真面目に勉強してますか?

年収が低くても点数が高い子供もいてます。
年収が高くても点数が低い子供もいてます。

ということは、塾や家庭教師を付けなくても子供の点数を上げる方法はあると言うことです。

掛ければ良いってもんではない

子供の将来を考えると学習費を掛けて、良い大学、大手の企業に入らせてあげたいと思うのが親心。

その気持はどのお父さん、おかあさんも持っているはずです。

でも気をつけてください。大学入学まで小学校からだと12年もあります。そんな長い期間子供の学習費用のために生活費を切り詰め、貯金を減らし子供にお金を掛けると自分の将来が危うくなります。

老後は子供に面倒を見てもらうのもありかもしれませんが、親なら自分たちで子供の世話にならないように生活したいものです。

子供の手が離れだしお母さんも働きに出れるようになれば、おとうさんも家事を手伝うなどして収入源を2つ確保しましょう。

そうして収入を増やしてから子供に学習費を掛けていっても大丈夫です。

じゃ、そのあいだ子供の成績はあがらないの?

あがります。お家でおかあさんとおとうさんのサポートがあれば、子供は自然とがんばります。
そのやり方を次に書いていきたいと思います。

<こども向け>アプリを使った効果的な英語学習法

教育費にお金を掛けれないけど子供の学力を上げたい

子供に「勉強しなさい!」って言ってませんか?それで子供の勉強に対するモチベーションは上がりますか?

子供は勉強することで自分が得られるメリットを分かっていません。勉強しなかったら社会に出て給与などの待遇が良くないなど、大人が感じていることを感じれるはずがありません。

ならば家族で子供が勉強をする環境を作ってあげてください。子供が家で勉強する時間を作ってあげてください。実はこれで成績が上がるんです。

傾向として家での勉強時間が長いほうが子供の成績が良いというのがあります。

また、親の年収が低くても子供が家で勉強する時間が長ければ成績が良いという傾向があります。

調査結果では家でまったくしていない子供の成績と家で勉強している子供の5科目の平均点をくらべると「15点」家で勉強している子供の方が点数が高い結果が出ている。

親が「勉強する環境を作る」方法

ではどうやって勉強させるのかですが、勉強しなさいではなく「テストの点はどうやった?」「どのへんが分からへんかった?」とまず話を聞いてあげることから始めてください。

また、親から子供に質問するのもいいやり方です。たとえば英単語を覚えさせるなら「図書館」って英語でなんていうの?と質問して子供に答えさせる。

これは非常にいいやり方でおすすめです。

子供に答えさせるという行為は「アウトプット」しているのです。通常は英単語覚える作業「インプット」になりますが、「アウトプット」の環境を作って上がると子供も「自分が教えている!」という気持ちになり前向きになります。

もうひとつ、「子供を調子に乗せる」やり方です。

「この計算問題、1分以内に解くことな」とか、「お父さんとお母さんも一緒に解くから一番早い人が勝ちな」とかゲームっぽくやることで、子供は楽しんで勉強に向かってくれます。

ただ「勉強しなさい」ではなくモチベーションを上げる様に持っていくだけで、お金を掛けずとも学力アップは可能です。

<別記事>だれでもできる!Youtubeをつかった簡単・英語学習法を公開

塾だけじゃない!オンラインを活用する。

塾に通わせると1科目10,000円以上の学費が掛かってきます。複数科目となるとさらに学費は膨れ上がります。

そこでオススメしたいのが、通信教育やオンラインを活用することです。通学の必要がなく家族が子供の勉強を見守りながら進められます。

「勉強は講師に教えてもらった方が・・・」それにはお金が掛かります。

たとえばオンラインなら一流の塾講師の授業がかなり格安で受けることができます。塾に通うかオンラインで受講するか。それだけの違いです。

では、具体的におすすめのオンライン勉強法を紹介していきます。


学習費を少額に抑え、学力を上げたいときはスタディサプリ

テレビCMでもおなじみの「スタディサプリ」小学校〜大人まで対象としており小学生であれば4年生から受講することができます。

スタディサプリの特徴をひと言で伝えるなら、良い講師の授業を格安で受講できるということです。

高い学費を払わなければ受けることができなかった良い講師の授業を、格安で受けることができます。

しかも月額1,980円という低価格です。塾には行かせたい、でも学費はできるだけ抑えたいという場合は最適です。

<<スタディサプリ中学講座の公式サイトはこちら>>

塾代10,000円/月を考えると5分の1の学習費で済むので、経済的な負担はかなり軽くなります。

子供の世話をしたいが仕事や家事で勉強の面倒まで難しい。でもやっぱり勉強はしてほしいし、学習塾に行ってる子に学力で劣るというのも子供が可哀想。

そういう、おとうさんやおかあさんからすると、低コスト×自分の時間の捻出が一番のメリットになります。親御さん自身の時間も確保できて、かつ経済的負担がすくない。それでいて学力は伸びるので検討してみてもいいと思います。

<別記事>子供の成績が上がる動画をつかった勉強方法はこちら

少しの学習費と親のサポートが最強

学習費用を掛ければ子供の成績が上がることは分かりました。

親御さんがサポートして勉強時間を伸ばしても成績が上がることは分かりました

ここはバランスを考えて週の2,3日はサポートしてあげて、他の日はスタディサプリを利用して勉強させるというやり方がいいと思います。

もちろん、スタディサプリで抑えた学習費用のあまりは将来の貯蓄に回して自分の将来と子供の将来に備えるのがベストです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

 
 
  どうもデースケです。

  40代サラリーマンです。
  
  海外移住+配当生活を
  目指して
  貯めた1000万円を
  資産運用中
  
  それだけじゃ生活費
  たらないかもなんで
  動画編集・プログラミング
  ブログをしています。

目次
閉じる