ワーキングホリデーに必要な「英語力」はどれくらい?行くだけじゃ英会話力は上がりませんよ。

ワーキングホリデー 英語力

ワーキングホリデーで海外に行こうと考えてる方。

どれくらいの「英語力」が必要か?知ってますか?

また、行くだけで「英語力」が上がると思ってませんか?

実はそんなに甘くないです。

ワーキングホリデーに行く前に知っておく心構えがあります。

それを知らないと行っても英語力は上がらないし、すぐに気持ちが萎えて

帰ってくることになります。

今回はそうならないための注意点をお話します。

目次

英語力0でもワーキングホリデーに行く人がいる?!仕事は見つかるの?

英語力がなくてもワーホリは行ける?【結論:行こうと思えば行ける】

移住や留学とは違いワーキングホリデーのビザ申請には
英語スキルを求められません。

またビザの手続きから最初の語学学校やホームステイ先の
手配、現地での生活までサポートしてくれるワーキングホリデー専門
のエージェントも存在します。

そのため日本で勉強をしないまま英語力0で現地に
出発する人も少なからずいるのです。

そしてそんな人でもなんとか現地で一年過ごせてしまうのが
ワーキングホリデーの実状です。

語学学校で「英語力アップ」と「仕事ゲット」を狙う

ではなぜ英語が話せなくても、なんとかなるのでしょうか?

それは現地の「語学学校」の存在が関係してきます。

ワーキングホリデーに行った人の大半は、最初の
数ヶ月を語学学校で過ごします。

1日の大半を英語学習に費やすので、日本にいる時よりも
段違いのスピードで英語を習得できるのです。

そして国によっては滞在中、無期限で「語学学校」に通える
ところもあるので、中には一年のほとんどを語学学校で過ごしたという人もいます。

また多くの「語学学校」では、校内に求人やシェアハウスの住居者募集の
チラシが貼り出されているので、そこである程度信頼のある仕事や
住む場所も見つけることが可能です。

語学力・住む場所・仕事・交友関係など様々な恩恵を得られる
学校の存在は、ワーキングホリデーにとってかかせない存在です。

出発前に英語は勉強しなくてもいい?【結論:しておいたほうが良い】

ここまで読むと「ワーキングホリデーは事前学習が必要なさそう…?」
と思われるかもしれませんが、実はその認識は大違いです。

ビザ申請に英語力が試されないからこそ、事前の学習と一定レベルの
語学力習得が必須となります。

・英語ができなくても働ける職場・または語学学校にひたすら通った人の一年

・あらかじめ一定の英語スキルを身につけ様々な出会いや、現地でしかできない仕事を経験をした人の一年

それぞれの一年で得られた経験値の差は大きく
帰国後の就活や働き方はにも影響してくるのです。

ワーキングホリデーに行くのに必要な英語力はどれくらい?

理想はTOEIC600点?!ハードルは低い?高い?

ワーキングホリデーに行っても言葉で困らないレベルの
スコアはTOEICに換算しておよそ500~600点前後です。

一見かなりハードルが高いように思われますが、実際の
レベルとしては日常会話に困らないくらいで問題ありません。

ですが、ほとんどの人はこのレベルに達していない、または
そもそもTOEICなどの英語テストを受けずに行く人が多いのが現状です。

さきほど説明したように、留学や移住と違って「英語スキルが無くてもなんとかなってしまう」ワーキングホリデーでは、特に対策を練らずに出発する人が後を絶ちません。

英語が話せなくても働ける職場はある【日本食レストランなど】

日本人のワーキングホリデー先として人気の、カナダやオーストラリア
ニュージランドには日本食レストランや農場アルバイトなど、英語力が
ほとんど必要とされない仕事もたくさんあります。

そこでは「日本人」というだけで重宝されることが多いので
簡単な意思疎通程度の英語ができれば、雇ってもらえることが多いのです。

ただ、最初の職場として選ぶのなら問題ありませんが、一年間そのような
環境に留まり続けるのは危険です。

英語力があれば友達も仕事も選択肢が増える!

日本食レストランや農場などのアルバイトであれば
高い英語力はもとめられません。

しかし、そうすると他の英語力に自信がない日本人の
応募も増えて競争倍率も高くなってきます。

また海外では日本と違い、労働環境や働く上での不平不満などは
自分から積極的に声を上げて動いていかないと変わりません。

「最初に聞いていた時給と違う」「シフトが全く希望通りに入らない」など
経営側のとのすれ違いがあっても、それを英語でオーナーやマネージャーに
伝えられないと、安い給料や低待遇の環境で働くことになります。

もし英語が話せれば自身の要望を伝えることも、劣悪な労働環境から
離れて余計な心労を負わずに働ける職場も、選ぶことができるのです。

実は言語学校に入学するときも英語力は影響する。

語学学校では最初にレベル別でクラスが振り分けられます。
自分と同じクラスになった人たち=同じぐらいの英語レベルの人
という仕組みになります。

なので事前にある程度英語の勉強をしておけば、語学学校に入学した時点で
様々な国籍の英語が話せる仲間たちと一緒に学ぶことができます。

もし「英語力の低い」クラスにはいると、周りは自分と同じく英語が話せない
日常会話でも難しいレベルの人たちばかりとなってしまうので、交友関係を築くのにも時間が掛かってしまいます。

友達を増やしたり様々な交流会に顔を出せるようになれば
新しい職場や住居などの情報交換もできるようになるので
そこからさらに生活の選択肢は広がります。

ワーキングホリデーに行くだけで英語力が上がるって嘘?本当?【結論:上がらないです】

「海外に出てしまえば英語力は自然と伸びる」はガセ?!

ワーキングホリデーに行った人の体験談で「英語力0で行ったがなんとかなった」
「英語が必要に迫られる環境で自然と英語が身についた」と話す人もいます。

それを聞いてしまうと「じゃあ自分も現地に行けば、自然と英語が身に付くかな」
という気持ちになります。

ですが実際に現地に行った時、その人と全く同じ体験と
英語の習得ができるか?というと、その可能性はかなり低いです。

特に世界情勢が大きく変わった今、現地の生活様式や現地の求人内容は
昔とは異なります。

他の人の体験談を参考にしたり励みにするのは
おすすめですが、その体験に再現性があるのかどうか
という点には気をつけましょう。

運や他人任せの計画では英語力が身に付く保証は一切ありません。

出発前と比べれば、多少なりとも英語スキルは身につくかもしれませんが、事前に英語力を底上げして行った人たちと比べればその差は歴然です。

ワーホリに行って英語力が上がる人・上がらない人の違い
【注意点:日本人同士で仲良くなってはいけない】

「ワーキングホリデーに行っても、英語力が上がらなかった人」に
多い1番の失敗は「日本人同士で固まってしまうこと」です。

慣れない環境で暮らす上に英語が通じないという不安な気持ちから
ついつい日本人グループの中に居座り続けてしまう人は多いです。

また日本食レストランや農場で働き続けていても、そこで働いているのは
同じく英語力が低い日本人であることがほとんどです。

そんな環境ですとなかなか英語力は上がりませんし
英語力が上がらなけばその環境から抜け出せない負のスパイラルが続きます。

ワーキングホリデーは英語を身につけるだけの環境を
簡単に手に入れられますが、自らその環境へと進みんで努力して
環境を継続し続けなければ、何も身につきません。

自分に優しい環境へ流されていけばいくほど、英語の習得から
遠ざかることを忘れず、行動し続けることが重要です。

英語力が伸びるかどうかは事前準備の質で変わる!

英語力が低いままワーキングホリデーに行ってしまい
ついつい英語ができなくても大丈夫な環境に身を置いてしまう。

これはワーキングホリデーに行くにあたって
一番避けなくてはならない事態です。

そうならない為にも、日本にいる間に

TOEICなどの英語テストの受験で自分の英語レベルを知る

・オンライン英会話などでアウトプットを続ける

・自分のレベルにあった参考書籍を最低3回は繰り返し解く

などの事前準備を進めておきましょう。

ワーキングホリデーが始まるのは、現地に到着した時ではなく
日本で「ワーキングホリデーに行く」と決意した時からです。

まとめ

英語力や英会話の経験なしにワーキングホリデーに行くことは可能です。

でも、より良い出会いや経験や高いレベルでの英語習得を望むなら
出発前に現地でどのようなスキルが求められているのかリサーチし
ある程度の英語スキルを身につけておくことは必須です。

一年という長いようで短い期間、どのように過ごせるのかは
自分の日本での事前準備と、現地での心構えによって大きく変わってきます。

せっかく行ったのに英語力も付かないと日本で就職の際に
「ワーホリ行ったのに英語話せないの?」と捉えられてしまいます。

就職に困りたくなければ、事前の準備と現地での過ごし方に注意したほうがいいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

 
 
  どうもデースケです。

  40代サラリーマンです。
  
  海外移住+配当生活を
  目指して
  貯めた1000万円を
  資産運用中
  
  それだけじゃ生活費
  たらないかもなんで
  動画編集・プログラミング
  ブログをしています。

目次
閉じる